11月20日は世界こどもの日-日本のこどもの日は5月5日-世界的に見ると6月1日がこどもの日のことが多い

世界こどもの日(11月20日 記念日)

1954年(昭和29年)の国連総会で制定。国際デーの一つ。英語表記は「Universal Children’s Day」。

1959年(昭和34年)のこの日に「児童の権利に関する宣言」が採択され、また、1989年(平成元年)のこの日に「児童の権利に関する条約」が採択されたことから、「世界の子供の日」は一般的に11月20日とされている。

国連では各国政府が適当と考える日を選んで「子供の日」とするように勧告しており、日本では「こどもの日」の5月5日を当てている。子供の世界的な相互理解、子供の福祉を増進させることが目的。

国際連合の推計によると、2010年(平成22年)の15歳未満の子供の数は約18億4200万人で、総人口の約69億1600万人の26.6%を占めている。総人口に占める子供の割合は地域によって異なり、先進地域では16.4%であるが、開発途上地域では28.9%と大きな差がある。日本における子供の割合は、2010年(平成22年)の国勢調査結果で13.2%と先進地域の中でも最も低いランクとなっている。

「世界こどもの日」の画像検索結果

子どもの健やかな成長は、子どもの権利を守ることから


1989年の誕生以降、「子どもの権利条約」は、国際的に子どもを大切な存在と位置付けることに成功し、たくさんの子どもたちの命と成長を守ることに大きく貢献してきました。2015年10月現在、196の国と地域が「子どもの権利条約」を締結しており、人権条約としては歴史上最も多くの参加を得ています。

すべての子どもたちは、大人と同じように権利を持っています。「子どもの権利条約」は、「生きる権利(病気や怪我の際には治療を受けられる等)」「育つ権利(教育を受けたり遊んだりできる等)」「守られる(虐待や搾取をされない等)」「参加する(自由に意見を表明する等)」の4つの権利を定めています。

今も、権利が守られていない子どもたち

しかし一方で、物理的、社会的に手をさしのべることが難しい環境にある子どもたちが、相変わらず取り残されていることが指摘されています。
今もなお、

  • 年間560万人の子どもたちが、防げるはずの原因のために5歳の誕生日を迎えられずに亡くなっています
  • 1億5,000万人の子どもが過酷な労働を強いられています
  • 5,900万人の子どもに教育を受ける機会がありません
わずかな金を求めて鉱山で働く子ども(コンゴ民主共和国)

世界こどもの日は11月20日!日本のこどもの日は5月5日!そして多くの国がこどもの日にしているのは6月1日!?


日本で「こどもの日」といえば5月5日であり、緑の日や憲法記念日などの祝日と重なりゴールデンウィークの休日の一つとなっています。

日本は、こどもの日を5月5日に制定していますが、国際連合では、こどもの日を11月20日制定しており、世界のこども日といえば11月20日のことなのです。

ただし、世界的にみれば6月1日をこどもの日としている国の方が多いのが現状となっています。

日本のこどもの日は端午の節句から?!


日本のこどもの日が世界のこどもの日とずれているのは、日本のこどもの日が中国から伝わってきた端午の節句を元にして作られてためになります。端午の節句は、元は厄払いの行事ですが、こども全体の行事になったのです。

こどもの日は、基本、男女区別なくこどもの健やかな成長を願って祝いする日なのですが、日本では3月3日が女の子の節句なので、5月は男の子の節句という風潮が強いようです。そして、こどもの日には5月人形やこいのぼりなどを飾ることで知られています。
ちなみに、韓国も5月5日がこどもの日であり、5月5日をこどもの日としているのは日本と韓国になります。

端午の節句の元となった中国に関しては、6月1日がこどもの日ですが、端午の節句は、旧暦の5月5日に行うのが一般的とされています。

日本のこどもの日


日本のこどもの日は、祝日法2条によって定められており、「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」ことが趣旨であるようです。こどもの日は、こどものことも大切ですが、母のことも大切にして感謝をする日なのです。

だから、こどもの日に母に感謝することも忘れずに!!

?!


国際的に世界こどもの日とされるのは11月20日なのですが、世界の各国を見ると11月20日よりも6月1日をこどもの日としている国が多いのです。6月1日をこどもの日にする理由は、1925年に福祉世界会議にて6月1日を国際こどもの日と制定したところからきています。

福祉世界会議が国際連合よりも早い段階で、6月1日をこどもの日と制定していますので、こちらをこどもの日として制定した国も多く存在し、数十の国が6月1日のこどもの日としています。11月20日が世界こどもの日で、6月1日が国際こどもの日となります。

「世界こどもの日」の画像検索結果

国際連合によって制定されている「こどもの日」は11月20日


日本では、中国から伝わった端午の節句により、5月5日がこどもの日とされていますが、1954年に行われた国連総会(国際連合加盟国が行う会議)で11月20日を「世界のこどもの日」に制定しました。そのため、世界こどもの日といった場合は、11月20日を指すことになり、その日は、こどもの権利について考える日になります。

そして、世界こどもの日が制定された1954年に国際連合のすべての加盟国に、こどもの日を制定することを勧告しました。しかし、こどもの日の日付に関しては、各国が自由に決めて良かったため、他の日付にした国も多く存在します。また、日本がこどもの日を制定したのは、1948年であるため、1954年に世界的に勧告されるよりも前に、5月5日のこどもの日は制定されていました。

 

国際機関が制定した国際デーとされるのは、11月20日になります。日本に住んでいる限り、こどもの日が5月5日であることは変わらないので、他の日付はわざわざ覚えないでいいかもしれませんけど。

「世界こどもの日」の画像検索結果

多くの国は独自のこどもの日を制定している!


確かに6月1日をこどもの日として制定している国は多く存在しますが、国際連合は各国で自由に判断して良いとしているので、国によって独自のこどもの日をもうけている国も多く存在しています。日本も他の国とは違う独自の日付をこどもの日にしている国の一つになります。

そして、国際連合の勧告によって多くの国でこども日が制定されましたが、こどもの日が制定されていない国も少なからず存在しています。このように、こどもの日は国々によって違い、いろいろな日付が存在しますが、いつであれこどもの日はこどものことを考えて、こどもと一緒に過ごしてあげることをおすすめします。

日本のこどもの日は、ちょうどゴールデンウィークなので、何処も混んでいますが、こどもと一緒にどこかにでかけるのもいいかもしれませんね。

ワールド・ビジョンの取り組み


ワールド・ビジョンは、チャイルド・スポンサーシップや政府・国際機関からの助成金を通じた開発援助、紛争や災害時の緊急人道支援、政府や市民社会に働きかけるアドボカシーの三つの柱を軸に、もっとも弱い立場にある子どもたちの権利が守られるように活動しています。今後も、「’何もかも’はできなくとも、誰かに’何か’はきっとできる」の精神のもと、多くの方々と協力しながら活動を進めます。

「ワールド・ビジョン」の画像検索結果

 

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


Menu

HOME

TOP